そういえば、あの人は今・・

まったくこの話題がすごかった時から、私はさっぱり分かってないのですが、
やしきたかじん、、、さんの、、、
ここまででもうおわかりですね?

彼女は今どこでどうしているのでしょう?

たかじんとイタリアでネイルサロンを経営するネイリストだった、
32歳年下の嫁さくらさんは、犬好きが集まるウェブサイトを通じて知り合ったと言っているとか。

たかじんさんも3回結婚しています。
殉愛では家族とは疎遠と書かれている。

たかじんは21歳のときに一般女性と結婚し、子どもをもうけた後に離婚していて、
この方はすでに他界しています。
平成5年12月に44歳のたかじんは再婚、嫁は15歳年下の和服モデル。
57歳の時に2度めの離婚。

そして、亡くなる3ヶ月前の64歳で話題の嫁さくらさんと結婚しています。

たかじんの嫁さくらは、2010年9月にイタリア人男性のIvan Signore氏と結婚しています。
さくら夫人の過去のブログ『都会っ子イタリアに嫁ぐ』記されています。
有名な話ですね。

ところで、今どうしているのだ??

自宅で。

自宅で歯のホワイトニングをしようと思ったら、なにをしたらいいのか。
しろくなるとかいう歯磨き粉を使う?

歯のきばみは色の濃い食品やタバコのヤニなどによってついた歯の表面の着色汚れで、
歯磨きなどの物理的な力でもある程度落とすことができるけどけっこう道のりは遠い。

多くの歯磨き粉には研磨剤といって、歯の表面の着色汚れを削ってキレイにする成分が含まれていて、
これで歯をいためてしまう人もいるんですって。

更に最近ではこの研磨成分に様々な工夫をしたり汚れを浮かせて落とすような補助成分を入れて
効果的に着色を落とせる歯磨き粉も販売されているけど、、、
あれってどうなんだろう。。

どれを選ぶのか、は個人個人で違ってきますけど、
思うようには白くならないような気がしますねー・・・。
頑張れば少しは違うでしょうけど。

テープのようなものも売られています、テープをしばらく貼って、そして磨く、
これを毎日2週間やると白くなる、というものです。
なった人もいるので、やってみる価値はあるのかもです。

私はあまり効果がなかったなぁ、でも個人差があるみたいですよ。
頑張ってみてください。

マレーシアもいいね!

日本人が移住したい国の上位(ナンバーワン?)に上がるのがマレーシアなんですって。
良い国ですよねー。

マレーシアでは日本と比べて、1/3~1/2程度の費用で暮らせます。
とはいっても人によって住居や食事など生活水準レベルに違いがあるから
もっと高い生活水準を求めたら、実際は1/2くらいの生活費になるかもしれません。

マレーシアの内務省で日本人を雇用するにあたって、就労ビザ取得をすることが条件になっていて、
その最低給与は5000リンギットと決まっています。
1リンギット=26.5円で計算すると13万2500円程度。

技術的な専門職や営業などになると、お給料は月1万リンギットを超えてくるかもしれません。
日本円で約26万5000くらい、、かな。

いいように感じるけど、これって「いい」場合で、働き方や会社によってもっと低かったり、
高くても木塚たt里、いろいろあると思います、、、ね、
想像できます。
そこは日本じゃないんだもん。

そういうのもちゃんと把握した上で、
マレーシア、
いいな!!って思ったら、、、移住もいいかもです。

気を付けたほうがいい

恋は盲目といいますが、あの泰葉さんもそうですな。

イラン人なんてもってのほかに気を付けなくてはいけないのに。
いえね、差別してるわけではありませんよ。

ただ、彼女、分かってない。
それに、早すぎる。
SNSだけで仲良くなってそのまま結婚なんて、、、絶対やめたほうがいい。
周りが大反対なのにはちゃんとワケもあるし、それは聞いた方がいいのだ。
だれでもそう思うでしょ?あほらしい。

どうなっていったのかよく知らないけど、婚約までして、、アホーーー。

この話もそうだし、知り合いでも同じような人がいまして。
遠くから相談されましたが、本人と話ができるわけでもなく、
今はどうなったんか知りません。
きがかりですがどうしようもない。

どこで知り合って結婚してもそれは本人次第ですけど、国をまたぐのは大変なのだ。
ぜったい早まってはいけない。
気を付けましょう!!

SNSで知り合った人とは、長い付き合いを得てからそういうことになったほうが絶対にいいのだー。

タレントさんとはいえ、そこまでアホかーーー(?)。

膝の異常

そんなにひどくはないと思うのですが、膝がちょっと痛い??
痛い?のかな。。。動かない?って感じがするときがあって、困っています。

現在のひざ治療では、鎮痛剤や抗炎症剤を飲む、湿布薬を貼る、
ヒアルロン酸注射を打つといった対症療法が多く見られます。

対症療法は、一時的な痛みを和らげるといった効果は期待できるのですが、
根本的な改善は難しいのが現状。

その間にも痛みの原因となるひざ軟骨の破壊は進行しているのです。
対症療法中心の治療で改善が見られない場合、
一度取組そのものを根本的に見直してみる必要がありますね。

とはいえ、私はヒアルロン酸も打ってないですよ。。。
どうしようかな、、、、で止まっています。

関節軟骨には血管が存在しないため、
消化管から吸収された成分を関節内に補給することが原理的に不可能である、
という人がいて、
でもサプリでよくなる人もいるから、ここが不思議なところですね。

膝が痛いというのはスポーツ選手や、加齢によっておこるので、
スポーツやって年齢が来てる人はもっと気を付けなくてはいけない(???)。
私じゃないかーー。

桃一個

かの、松居さんの事件(事件か??)で「桃一個で・・・」という言葉があったのですが、
つまるところどういう意味なんだろう?
何か持ってこい、ってことは分かるけど、一般的な言い方じゃないような気が。。。
まーいい。

今日はそんな桃の剥き方について。
モモは繊細なものなので、爪でこすってしまうとたちまちに傷んでしまう。
すぐ食べるのなら別ですが。

すぐに食べるとしても、くるくるとリンゴをむくように。
剥いてしまうのが最も簡単な方法です。
コツについてはまず、右手で持った包丁は固定して、桃のほうだけをクルクルまわしていくことです。

そのようにすることで、包丁で手を切ってしまうようなアクシデントを防止することができますし、
きれいに剥けます。
桃は、皮と果肉の間に甘みや栄養素が多く含まれておりますので、
なるべく薄く剥けるようにしましょうーー。

高級なものなのでね、そう毎日食べるもんではないと思うけど、
もし「もらったりなんかしたら」(笑)こうして食べるといいみたいです。

キッチンで、手で、、、がぶりと??
そんなことしてみたいわーー。

トマトしか出来ない・・・汗

安いのはそれなりか?

ヨガのスタジオやクラスで、安いとこはそれなりか?という質問。
そんなことないです、ヨガって極めたら極めた先生こそ無料でやってたりします。

リトリートも、安いのが内容が悪いかって、絶対そんなことはない。
安くて内容も充実してるのがあります。
見つけるのが難しいだけ。

いいリトリートの基準は、なんと有名な先生、みたいなイメージもありますけど、
有名な先生が必ずしも自分にあっているかって、それは分からないですよね。
ルミナスってとこのヨガはいい感じで、それで良心的です。
見てて気持ちがいいほど。
あういうとこはいいでしょうね。

ホテルのグレードで高い・安いを決めるよりも、内容の充実度で見た方がいい。
いいリトリートになるといいですね。

安いとこは利益を考えずに楽しんでやっているのでしょう。
有名な先生をうたっているとこは、たったの1時間だけその有名な先生が来るってこともあります、
有名な先生で釣っているのですよ。

いいリトリートも見極め方はそんなとこじゃないぞーー。
と、ヨガのことなのでなんだか興奮してしまった。だけですねー笑

未婚女性

高学歴で高収入ほど結婚が遠のく、、らしい。。。
女性です。

日本人の未婚化が進んだ要因として、
いつも取りざたされるのは非正規雇用者の増加などに伴う男性の経済的貧困問題。
いわゆる「カネがないから結婚できない現象」ですが、

高収入なのに結婚できないとはどういうことだ。

「女性が結婚したがるのは経済的余裕を欲するからであり、
男性が結婚したがらないのも経済的余裕を失いたくないからだ」と、
双方が結婚にコスパを求めるという記事を書きました(独身男が「結婚コスパ悪い説」を信奉する理由)。

確かに、男性の場合は経済的理由で「結婚したくてもできない」という層は一定数存在しますし、
年収が低ければ低いほど未婚率が高いことも事実です。

でも、年収が低いほど未婚率が高い男性とは正反対に、
女性の場合は年収が高くなればなるほど未婚率が高くなっているんですって。
特に、年収1250万円以上の女性にいたっては、6割近くが未婚。

そうなんですねー。
年収があれば結婚しなくても、って考えがちですけど、結婚したい人からしたらそうもいかないでしょうな。
うーん。。。

頑固者

ときどきいますね、頑固者。
他人ならいいけど(?)、家族にいたら嫌なものです。
星一徹みたいな感じ?知らないか。。。汗
ときどき、この頑固者ってのは病気だったりもしますよ。
ADHDとかもあるようで。

このADHDのなかでも、注意欠如多動性、というのがあって、
不注意は、細かいことに注意を払えないという注意力の欠如、
注意を持続できない、周囲の刺激に気が散る(転動性が高い)などです。
日常生活場面では、不注意な間違い、始めたことをやりとげない、
言われていることを聞いていない、
忘れ物・落とし物が目立つ、などがあります。

多動は「活動の過剰」です。
絶えずせわしく動きまわる、体の一部をくねくねもじもじ動かす、
多弁などとして観察されます。

こういうのがあって、なおかつ頑固者、いわゆるこだわりのある人ってのは、
もしかしたら病気なのかもしれませんね。
神経科とかに行くらしいです。

本人がそうだって思ってくれたらいいですけどね、本人は頑固者のままで、
周りが苦労するってことが多いですよねー、・・・汗

頑固者って言われないようにしようっと!

クレジットカード

クレジットカードを使って何かを買ったりする場合、そのカードの中身なんかの情報はどこまで分かっているのでしょうね?
そんな質問がありました。

例えばアマゾンなんかで、一度カード情報をインプットすると、
二度目からはカード情報を入れる必要がないのは、
その会社がカードの情報を記憶してるから。

でもその内容があちこちに発信されることは(原則的には)ないはず。

でも、時々は漏れてしまうこともあるらしく。
このあたりはよく分からないなー、なんて話をしてました。

クレジットカードを使って買い物することが多いから、どこまで情報が洩れるのかコワイっていえばコワイです。
でもどうしようもない、だってカードで買い物するってクセがついてるのと、
そうしないと買い物出来ない時代になってますよねー。

怖い反面、とっても便利。
クレジットカードだけで生活してる人は日本では少ないのかもですが、
世界では1円も現金を持たないで生活してるひと、または出来てる人って多いんですよー、世界ではね。
覚えておくといいかもです(なんのこっちゃ)。